8年連続 就職率100%

オープンキャンパスは体験型!

建築士の収入について

建築士の収入について

建築士の収入についてはどのようなイメージがあるでしょうか。
一般的に一級建築士の年収は1,000万円も狙えるほど高いというイメージを持っている方が多いようです。
それでは二級建築士では?そもそも一級でもそれだけ高い収入を得られるの?
気になる建築士の収入面についてご紹介していきます。

二級建築士

建築士として働く場合、一般的には二級建築士の資格を取得後、建築設計事務所やハウスメーカー、工務店、ゼネコン等へ就職することとなります。
そのためどこへ就職したかによって変動はしますが、初めのころは大体のボリュームゾーンとして350万~450万前後となることが多いようです。
新卒~20代前半でこの程度となるため、他の一般業務と比較すると50万ほど高い平均となりそうです。
しかし平均的にこのくらいというだけなので、実際には2~300万円の方もいれば500万を超えることもあります。
ここで先ほど例に挙げた就職先での違いも見てみましょう。

・ハウスメーカー
ハウスメーカーでの新卒年収は概ね250~300万となります
一般企業が300~400万円と考えると、少々低めとなっていますね。
二級建築士の設計可能な建築物の規模が丁度住宅レベルのため、ハウスメーカー志望者は多く、だからこそ比較的一般レベルの収入なのだと捉えられます。
逆に有資格者である分、採用もされやすく、経験を積む場としては申し分ないでしょう。

・工務店
ハウスメーカーよりも規模に左右されやすいものの、概ね平均値としては250~350万円ほどとなるようです。
この例の工務店もハウスメーカーも公開求人の数値を参考にしているため実際は変動してきますが、収入のことを考えるとなるべく規模の大きい就職先を目指すのが良さそうです。

・設計事務所
設計事務所は個人経営のものから全国展開している大手のものまで幅広いため、振れ幅が大きくなっています。
そのため一概には言えませんが、大体300~450万円がボリュームゾーンとなるようです。

・ゼネコン
ゼネコンとは「General Contractor」の略称で、またの名を総合建設業者と呼ばれています。
簡単にいえば前述の3種が建築における一部分を担うとして、ゼネコンは総合的に管理をする役割を持ち、建築実務を担う土木・建設業者をコントロールする立場になります。
なので他と比べて規模の大きい会社であることが多く、就職のハードルも高めです。
しかし収入は400万円前後と平均的となるようです。
しかし4~5年で600万をこえる方もいるように実務をこなすことで着実にステップアップが可能となっています。


以上が二級建築士としての新卒時の収入平均でした。
結局のところは二級建築士としての実務経験を目指しながら一級建築士を取得し、収入アップを図ることとなります。
一般企業よりも経験・資格取得による上がり幅も大きいため、就職時には規模感と将来性についてよく確認しておくといいでしょう。

一級建築士

一級建築士の平均年収は、概ね550~650万円とされています。
現在の30歳前半の平均年収が450万前後とされているため、比較するとかなり高い収入が得られると言えそうです。
しかし一級建築士は合格率10%前後の非常に狭き門であるため、しばらくの間は二級建築士として確実に実績を積むのが重要です。
経験を積んでおけば独立も視野に入れられるため、年収はさらに跳ねる可能性があります。
しかし40代の一級建築士の平均年収は800万円にも届くため、建築事務所やゼネコンで働き続けて安定を取るのもいいでしょう。
専門性の高い国家資格を取るからこそ、高い安定性が非常に魅力的な仕事と言えそうです。

建築学部の学科紹介

学科・コース名 概要 目指せる職種 目指せる資格
環境建設工学科 建築コース
設計から施工まで、建築を総合的に学び、インテリアやバリアフリーへの理解も深める。

設計士
施工監督員
インテリアデザイナー 他

建築士
施工管理技士
建築CAD検定
インテリアプランナー 他
環境建設工学科 土木・造園コース
土木の基礎である測量・CADはもとより環境分野も学び、自然環境を守れる建築士へ。

施工監督員
測量士
土木コンサルタント
造園デザイナー 他

施工管理技士
測量士
建築士
ビオトープ管理士 他
建築職人マイスター科
大工・左官など伝統の匠の技と合わせてCADを始めとする建築技術の基礎、設計・施工も学ぶ。

大工職人
左官職人
設計士 他

建築大工技能士
左官技能士
施工管理技士
建築士 他
建築士専攻科
難関資格である二級建築士の資格取得を最短で在学中に目指す。全国平均を大きく上回る合格率。

建築士 他

二級建築士
木造建築士 他