新着情報

福島民友新聞「次世代自動車整備士養成カリキュラム」実証講座を実施

2017年9月13日の福島民友新聞、及び2017年9月17日の福島民友新聞に「次世代自動車に対応できる整備士養成のカリキュラム」実証講座の様子が掲載されました。

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車などの次世代自動車が急速に広がっていますが、対応できる整備士が全体的に不足しています。日本工科大学校は2年前から文部科学省より依頼を受けて、次世代自動車に対応できる整備士を養成する教育プログラムを研究開発しています。

9月6日に福島県会津若松市にて次世代自動車整備技術の「基礎編」、9月9日には福島県須賀川市にて「応用編」の教材を用いて実証講座を実施。現役の自動車整備士の方など、合わせて50人近くの参加者にEVモーター技術の講義や安全な作業を行う実技を受けて頂きました。

<次世代自動車を使用した質の高い教育>



基礎編
応用編